セミナー参加報告

seminar

リハビリセミナー

2021年09月12日

こんにちは✨獣医師の足立です🐰

 

 

先日、理学療法医の小笠原先生に『姿勢の評価』についてのリハビリセミナーを行っていただきました。リハビリを実施するにあたって、姿勢の評価を行い、どこが問題点となるのか、どこが痛いのか、を評価することが大切となります。またリハビリを実施していき、姿勢の評価を再度していくことで、どれだけ改善しているのかも分かってきます。

 

①頭の位置

②四肢の位置

③脊椎の弯曲

④腰の位置

⑤重心の位置

 

姿勢は上記の5つのポイントを評価し、痛みの部位を探ります。普段の何気ない立ち位置だけでも、痛みの部位を表していることがあります。身体は1番楽な体勢を取ることが多いため、元気だった頃からなんとなく姿勢が変わったなと思う場合、どこかしら痛みがあることが多いです。

 

ワンちゃんによってはクセで正常とは異なった体勢を取ることもありますが、痛みがある場合は再現性といって、正常な立ち位置にしても必ず同じ体勢に戻してしまうという行動を取ります。クセの場合は、正常な立ち位置にしても何食わぬ顔で維持できるかと思います。

 

 

頭の位置が低かったり、片方の足を前後にずらしたり、横から見ると背中が丸まっていたりと、明らかに姿勢が元気な時と違う場合はどこかしらに痛みを感じている時になります。少しでもあれ?と思われた場合は、ぜひ診察に来てくださいね✨

エキゾセミナー

2021年09月12日

こんにちは、獣医師のあさぬまです。

 

最近、朝晩は涼しくなってきて過ごしやすい季節になってきましたね🌰

秋らしくなってきて、気持ちがいいです。

急に寒くなることで、体調を崩しやすくなる子もいるので、

気になることがあれば、早めにご来院くださいね。

 

先日、エキゾチックアニマルセミナーにオンラインで参加してきました。

今回のテーマは、「ハムスターの消化器疾患」です。

前回からの続きで、今回はその中でも、蠕虫(蟯虫、条虫)の病気、歯科疾患、消化管閉塞についてでした。

ハムスターの蟯虫(ぎょうちゅう)には、盲腸に寄生するものと、大腸に寄生するものの二種類がいます。

盲腸に寄生するものは、他の動物の蟯虫と同様に肛門周りに産卵するので、テープを肛門にはることで検査が可能です。

一方で、大腸に寄生するものは、便検査で虫卵を確認します。

両者とも病原性はあまりなく、症状が出ないですが、検査で確認された場合は投薬により治療します。

 

ハムスターは果物の多給などで虫歯になりやすいので、注意です🐹

また、前歯は常生歯といって伸び続ける歯です。

ケージを噛むなどの力がかかることで、歯が曲がる、折れるなどが生じ、トラブルの原因になります。

 

また、ハムスターでは胃や腸に異物が詰まることがあります。

多くは、ケージに入れる綿や、自分自身の毛であり、短期的な回復には手術が必要です。

しかし、ハムスターは身体も小さく、検査が難しいこともあり、早期発見、早期治療には積極的な検査が必要です。

当院にはCT検査機器があるため、負担を最小限に詳細な検査を行うことが可能です。

ハムスターを始め、小動物は詳しい検査に麻酔が必要となることも多く、

元気や食欲がまったく無くなってからでは、検査自体が難しくなることも珍しくありません。

小さな異変でも気づいた際には、早めのご来院をおすすめします!

VOA整形外科セミナー(看護師)

2021年09月08日

こんにちは、看護師の野手です!

この前整形外科(看護師向け)のオンラインセミナーを受けさせて頂きました。
今回はリハビリの講義でした。
整形外科疾患の疼痛緩和や、術後早期回復のための運動療法やマッサージ、ストレッチまた、評価について学びました。
なんとなく姿勢が傾いている犬がどの辺りに重心を置いて、痛い部分をかばっているのか写真や動画を見て考察しました。
また、自分自身で同じ姿勢をとってみたり、筋肉を動かしてみたりするとすごく分かりやすかったです。
これからは診察でいらした患者さんのデータばかりみるのではなく、歩き方や姿勢などをもっと意識してみてみようと思います。

臨床病理ゼミ

2021年09月07日

こんにちは、獣医師の森本です。

先日、臨床病理のゼミに参加させていただきました。

今回は皮膚にできた肥満細胞腫と呼ばれる腫瘍について細かくお話ししていただきました。

同じ肥満細胞腫でも出来た部位や、見た目の状態で悪性度がある程度推定できることや、腫瘍細胞の形態で治療の方針を決めることなど、ご家族に伝える内容に直結した知識を教えていただきました。

専門医の先生が行うような細やかな判断を日々の診療にいかしていければと思います✨

JAHAシニアセミナー

2021年09月06日

こんにちは!看護師の渡辺です!

 

昨日JAHA主催のオンラインシニアセミナーを受講しました。

シニア犬についての考え方やその飼い主様との触れ合い方をわかりやすく解説いただきました。

 

今までできてた事ができなくなったり、食事の趣向が変わったり。

私も11歳になるダックスがいますがそういった変化に対しネガティブになるんじゃなく、その子の新しい一面にふれれる!とポジティブな考えになれそうです☺️

 

 

最初は戸惑うかと思いますがもしお悩みがあれば些細なことでもスタッフへ是非ご相談くださいね✨

 

 

 

アニミューン

2021年09月06日

 

先日、HACHIさんより発売される〝アニミューン〟というサプリメントについてお話をして頂きました!

 

 

主成分はフアイアというキノコに含まれる〝糖鎖TPG-1〟であり、この成分が細胞の栄養源となり細胞を元気にしてくれます🍄

 

 

腫瘍やがん治療にプラスして使ってあげることで治療効果を高めてくれます!

 

人においても有効性が実証されており、抗腫瘍・抗炎症に効果があるそうです🐾

 

 

そのため、こんな時に処方をオススメしています💡

・腫瘍があり経過観察している

・手術後の再発防止

・手術前の免疫力、体力増強 など

 

 

嗜好性もよく、副作用もほぼないとのことです😌

 

 

適応にならない場合もあるので詳しくは当院までお問い合わせください!

 

 

 

接遇セミナー

2021年09月03日

こんばんは、Dr.スゴウです。今週の水曜日に接遇セミナーがありました。

今回は講師に院内での診察、受付、問診の様子を見てもらい良い点と改善点を指摘して頂きました。

言葉遣いに関して指摘を頂くことが多く、話している本人では気付けないと感じました。

スタッフが各々を指摘していくことでスタッフ全体が更に質の高い対応が出来るように努めていこうと思います。

CT実習研修 第3回目

2021年08月28日

こんにちは、獣医師の足立です🐰

 

 

先日、画像診断医の嶋崎先生によるCT実習研修を受講させていただきました。今回から、臓器別読影のポイントに入り、今回は鼻腔と胸部の読影ポイントを教えていただきました😀

 

鼻腔内の病変は、外見からは分からないことが多いです。鼻血が出る、片側から鼻水がよく出る、などの症状からCT検査をすると、腫瘍が見つかったり、鼻炎による鼻の内部の細かな骨が溶けてしまっていたりと、いろんな病変が見つかることがあります。中には鼻の病気かな?と思っていたら、歯の病変だったということもあります。歯からの炎症が鼻腔内にも到達し、鼻血や鼻水が出るということも結構多いです。鼻腔のCT検査では、鼻の骨がどれだけ破壊されているか?病変は両方の鼻か、それとも片側か?造影剤が強く反映されているか?などをベースに、どのような病気が考えられるかや重症度を見ていきます。腫瘍が疑われる場合や細胞診をしたい場合、どこを刺せばしっかり診断できるか?というのもCT検査で分かります。

 

胸部のCT検査は、あらゆる呼吸器疾患が適応となります。腫瘍の転移の有無を知りたい場合や、レントゲン検査で異常があるが不明な点がある場合、呼吸困難や気道内異物などの迅速に治療方針を決定したい場合など、さまざまな状態で適応となります。病変が孤立しているのか?多発しているのか?や、肺の血管と空気の見え方から、さまざまな病気や状態を判断していきます。病変の正確な位置や周囲組織との関係、腫瘍の転移の有無などの情報を得ることができ、CT検査後の生検や手術の支援、また予後の推測ができます。

 

 

鼻腔と胸部のCT検査では、確定診断まで持っていくことは難しいとのことでした。ですが、確定診断まで持っていける生検をどこで行うべきかを見ることができ、より正確な診断に持っていけることや、手術の支援、予後評価をすることができるため、大切な診断ツールだということを改めて知ることができました。CT検査は撮影ポジションが診断精度を左右するため、1回目と2回目で習った基礎をしっかりベースとしなければいけないなと思ったので、日々精進していきたいと思います✨

 

動物のCT検査は人と違って麻酔が必要となりますが、症状や疑われる病気によってかなり有益な情報を得られることが多い検査です。CT検査について質問がある場合、遠慮なくスタッフにお声かけくださいね!

内科セミナー

2021年08月28日

こんにちは、獣医師のあさぬまです。

先日は急に雷雨が始まり、びっくりしましたね💦

診察にいらした動物でも、怖がってました。という声を多くお聞きしました。

停電や火災につながる可能性もありますが、災害時の準備は大丈夫ですか?

災害用の備蓄がある。というご家庭は少なくないかもしれませんが、

動物の食餌や、持病がある子は内服薬などの備蓄はありますか?

いざというときのために、普段から早め早めのフード購入や診察を心掛けてくださいね✨

 

さて、先日内科のセミナーがオンラインで開催されました。

今回のテーマは『巨大食道症』

その名の通り、食べ物を胃に送る食道が拡張してしまい、うまく食事を胃に届けられない病気です。

嘔吐や吐出が増えることで誤嚥性肺炎を起こしやすくなり、

また、食餌が上手に採れないことでやせてしまう病気です。

巨大食道にはいくつか要因がありますが、一般的に、先天性あるいは、二次性(後天性)があります。

その内、後天性要因で比較的多いのは、重症筋無力症や腫瘍です。

重症筋無力症とは全身的に筋肉がうまく、長く動かなくなる病気です。

食道の筋肉に生じると食道拡張を示すようになります。

診断は、血液検査などで行うことが多いですが、すべての症例が簡単に診断されるわけではなく、

血液検査で異常が認められず、診断に苦労する場合もあります。

以前は、治療反応が良くない。とされていましたが、最近は薬剤投与により良好に生活できるようになる子が

多いようです。

診断がつくまでは、食餌をあげるときに頭を高くする姿勢をとることで誤嚥のリスクを減らせます。

 

多く遭遇する病気ではないですが、頻回で治りの悪い嘔吐など、気になる症状がある場合は、

早めに相談してくださいね。

 

リハビリセミナー

2021年08月25日

こんにちは😃看護師の金原です

 

今回リハビリ専門医の小笠原先生よりセミナーを開いて頂きました。

今回のテーマは「関節の抵抗を感じる」です。

肩や、股関節、肘、膝、手首、足首、それぞれ伸ばしたり曲げたりする動きがありますが、その動きにも制限があります。

どこまで伸ばすと痛いのか、その痛みはなんなのか?もしかしたら痛みではない違う反応なのか?

 

それがわかるようにするセミナーでした。

 

関節を動かして伸ばす動きはどこまで伸びるのか、曲げる動きはどこまでできるのか、を測定するのが関節可動域の測定です📏

 

関節可動域の測定の練習もさせてもらいました!

定規の当て方にも決まりがあるので慣れるまで難しそうです!

専門医のリハビリ診察は月2回の水曜日に行っております🌻

完全予約制ですので気になる方はご相談ください✨